プレイステーション5、発表。ついに来たな…”時代”がよ…。

PlayStation®.Blogにおいて突如プレイステーション5の発売時期が発表。ここ最近絶えなかったプレステ5発表のうわさがついに現実となった。

PSBlogの当該記事では、ソニー・インタラクティブエンタテインメント社長兼CEOのジム・ライアン氏より、発売時期が2020年の年末商戦に予定していること、そしてPS5のコントローラの革新について記述されている。

PS5

以下はPSBlog当該記事より引用

より具体的にお伝えすると、記事ではPS5と共に発売する新しいコントローラーの機能の一部をご紹介しています。PS5の目指すゴールの一つに、「没入感をさらなる高みへ導くこと」がありますが、このゴールを実現するためには、まずは「コントローラー」について再考する必要がありました。

PS5の新しいコントローラーには、二つの重要なイノベーションがあります。まず一つ目は、初代プレイステーションやその同世代のゲームコントローラーに見られた従来の振動機能を刷新し、ハプティック技術を採用することです。このハプティック技術の採用により、これまで以上に多彩な反応を皆様の手で感じていただくことが可能になります。例えば、レース中に車が壁にぶつかる感覚と、フットボールで相手にタックルする時の感覚では全く異なったものになるでしょう。草原を駆け抜け、泥の中を這う感覚さえも味わうことができるのです。

二つ目のイノベーションは、今回新たに導入するアダプティブトリガーと呼ばれるL2・R2ボタンの進化です。ゲームデベロッパーの皆様は、プレイヤーが取るアクションに合わせてトリガーの抵抗力をプログラムすることが可能になり、さらには、ハプティック技術との組み合わせにより、これまで以上に多彩なアクションをよりリアルに再現することができるようになります。例えば、弓をキリキリと引き絞る感覚や、ゴツゴツとした岩場の地形でオフロードの車を一気に加速させる時の感覚が、より鮮明に再現できるようになります。ゲームデベロッパーの皆様には、既に新しいコントローラーの初期バージョンをお届けし始めていますので、これらの新機能を心ゆくまでお試しいただき、想像力を膨らませていただきたいと考えています。

簡単に読み解いてしまえば、コントローラに新たに触覚における新要素が組み込まれることが予測できる。

振動の強弱や時間のパターンだけでは得られない、新たな振動技術。ハプティクス技術により、新たに振動に動きを加えたりなどコントローラを握る手がより一層ゲームと一体化出来るというのだ。

また、PSシリーズにおいて両中指の相棒であったL2・R2ボタンはアダプティブトリガーと呼ばれる新ボタンにより、さらにゲームとシンクロさせたアクションを得ることが出来るそうだ。ゲームソフト側のプログラムによってトリガーが重くなったりするのかもしれない。

スペック

現在発表されているスペックに関しては、もはや定番と化しており聞いたこともある人が多いであろうSSDが標準装備となっており、ゲームにおいて最大8Kまでの解像度に対応。

またPSVRは引き続き対応し、なんだかんだ新世代機として結構重要な旧世代機(PS4)タイトルとの互換性は実現できるように設計しているそうだ。

まとめ

ゲーム体験はグラフィックの向上はもとより、ついに五感と一体化する時代となってきたのだ。映画においても風や水など擬似的に五感で感じれる時代になってきている。

プレイステーションではVRの登場により、視覚をゲームに用いてきた。また聴覚においてもはるか昔よりガジェットに影響されるが、音の位置や環境音などより自然に近いものが用意されていた。

そして今回の発表により、ついにプレイステーション5を皮切りに触覚へも侵食してくる。PS6や7になるとダメージをリアルに受けそうだ。

もはやゲーム大喜利などであった未来のプレステ、なんてネタがどんどん実現してきている。かがくのしんぽってすげー!!!!

PS7では遊戯王のゲームが出たら闇のゲームでヤバいことになりそうだ。いやそれよりもっと早くソード・アート・オンラインのような世界が待っている…。長生きしたい。

参考 「プレイステーション 5」 2020年の年末商戦期に発売PlayStation.Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。