炎上したクソゲーアンセム、アップデートの中止が決定し完全に死亡。

昨年、名をAnthemNextというプロジェクトとし、イチからやり直すと公表したアンセム。

再開発の様子などをBioWare公式ブログで発表し続けて一年が経過。
今年初の公式ブログの声明は「アップデートは中止」でした。

アンセムのこれまでの記事一覧はこちら

アップデート「アンセムネクスト」が正式に中止。アンセム、完全に死亡。

アンセムのジャベリン

早速以下が公式発表(英文)

参考 Anthem UodateBioWare公式ブログ

要約するとこんな感じ。

Anthem(別名AnthemNEXT)の新しい開発作業を中止するという難しい決断を下した。
Anthemのライブサービスは現在の状態で続ける。

 

透明性と閉鎖の精神で、Anthem(別名Anthem NEXT)の新しい開発作業を中止するという難しい決断を下したことを共有したいと思いました。ただし、Anthemライブサービスは現在の状態で引き続き実行されます。

Anthemのリリース以来、チームはゲームを継続的に改善するために懸命に取り組んでおり、さまざまな改善をもたらし、プレイする新しいコンテンツを導入する複数のアップデートをリリースしています。 2019年の終わりに向けて、私たちはその取り組みを拡大し、ゲームのより根本的な再構築に取り組み始めました。

開発中に、ブログ投稿やソーシャルメディアでの会話を通じて、チームの作業の一部を明らかにする更新を提供しました。これは、前向きな反応とフィードバックを見るのに刺激を与えています。私はチームが行っている作業を非常に誇りに思っており、新しいエクスペリエンスのビルドをそれぞれ見て、プレイできることに興奮しています。

2020年は他とは異なる年でした。BioWareでのすべてのゲームプロジェクトに対して進歩を続けていますが、パンデミック時に自宅で仕事をすることは生産性に影響を与え、COVID-19ができる前にスタジオとして計画したすべてではありませんでした。私たちのチームに過度のストレスをかけることなく達成されます。

これは、私たちが取り組んできた改善を見て興奮しているAnthemプレイヤーのコミュニティに失望することを私は知っています。素晴らしい仕事をしていたチームにとっても残念です。そして私個人としては、Anthemが私をBioWareに導いたものであり、過去2年間は、私のキャリアの中で最も挑戦的でやりがいのある経験のいくつかでした。

ゲーム開発は難しいです。このような決定は簡単ではありません。今後は、スタジオとしての取り組みに焦点を当て、次のDragonAgeとMassEffectのタイトルを強化すると同時に、Star Wars:The OldRepublicに高品質のアップデートを提供し続ける必要があります。

Anthemコミュニティに、あなたの情熱と創造性に感謝します。あなたのフィードバックと提案は間違いなくチームの方向性を形作るのに役立ちます。個人的なメモとして、昨年はあなたの親切と励ましが大いに必要でした。

安全を確保し、お互いに親切にしてください。一人で強く、一緒に強く。

というわけで、アンセムの死亡が公式に発表されてしまった。
もう希望は無い。

再起を信じて待っていたが、世界的なコロナイウィルスの流行と重なってしまい、再開発に影響が出てしまったとのこと。

今回の発表について田中の意見(半ギレ)

アンセムのエラー画面

正直言って残念、これに尽きる。

コロナウィルスを言い訳に使われると、地球上の誰もがその影響の大きさは知っているし、これ以上何も言えない。

これまでBioWare公式ブログでは、アンセムの開発の進捗を伝えてくれていた。

一新されたUIやカスタム画面、ルートシューターにおけるプレイ状況の改善など本当に惜しいところへしっかり焦点を当てた内容となっており、新生アンセムには本当にワクワクしっぱなしだった

もちろんそれが大きな期間がかかるのは理解しているし覚悟もしている。1年も2年も待とう、そんな気分であった。

中止…もう希望は無くなった。

まぁ確かにBioWare公式ブログでもリモート会議している様子の写真はあったし、影響を受けていることは理解出来てはいたが…
それでも中止になるとは夢にも思わなかった…みんな前向きだったからなぁ…

か…悲しい…

そもそもアンセムが炎上しまくった裏には何があったのか

アンセムは発売してすぐに相次ぐバグでズッコケ、バグがやや直ってもその後はルーターシューターにおけるシステムの欠陥が叩かれ続けた。

そんな未完成とも思える状態でアンセムが出てしまったのには、ユーザーからしたら知らねーよ!って思えるかもしれないがまぁ結構な裏があり、そのへんはこちらの記事で解説している。

アンセムのジャベリンアンセムの総おさらい。ゲームに何が起きていたのか?バグ等まとめ

田中とANTHEM

アンセムジャベリンと敵

まぁこれまで何度も田中生活で記事にしているが、田中にとってこれほどPVだけで約束された神ゲーだと全身を鳥肌が覆うことはなかなか無かった

とにかく発売日が待ち遠しく一刻も早くプレイしたいとそれだけを思い続けていた

アクションやビルドのシステム等、アンセムというゲームはデザインだけは本当に完璧だった。

ただルートシューターにおける周回に対しての薄すぎる報酬が見合わず、数多のバグに見舞われ、それらは幾度のアップデートでも直ることは無かった。

なんなら一瞬ドロップ率を上げてすぐ下げるというユーザーを煽るような事も無告知でやってたりもうわけがわからんかった

周回におけるリターンの増加なんてチャチャっと直せるだろうに、結局それは無いまま死んでいった。

いやーもう本当に惜しい…名前も変えてなんかよくわかんねー世界観も変えてまたこの強化骨格でカスタムロボみたいなビルドで似たようなゲーム出してくれねーかなぁ

オープンワールドも無理にしなくていいしぶっちゃけアンセムもちょっと広い箱庭ゲーだったと思うしなー

ほんとアクションとかめっちゃ良かったんだって!アベンジャーズのシリーズ追うごとにグレードアップしていくアイアンマン見てて興奮する男子なら絶対ハマるゲームだったんだよ本当に!!

アンセムのこれまでの記事一覧はこちら

現在のアンセムとこれからのアンセム

アンセムのエラーフリーズ画面

さて、アンセムは正式に死んだ。

死にはしたが、ライブサービス、つまりオンラインでのプレイは継続していくとのこと。

そもそもがアンセムはオンライン専用タイトルで、オンラインの終了はすなわちアンセムが一切プレイ出来なくなる事と同義だ。

オフラインでのソロプレイというのは現状出来ない。サーバーに接続してようやくアンセムがプレイ可能となる。

ただし、この頓挫した再開発プロジェクトを進行させるにあたって現行予定していたアンセムのアップデートを中断している。

今回のアンセムネクスト中止のアナウンス記事において、今後のアップデートに関しては触れられていないが、田中は恐らくないだろうと思っている。

というかまた変に期待してガッカリするのはもう嫌だ…アンセムにおいて二度もガッカリするのは嫌だ。

ちなみにアンセムのリリースから2周年となる先月…は、なんのアナウンスも行われていない。なんなら公式にも載っていない。もう今後アンセムに何か変化が起こることは無いだろう

まとめ

というわけで、アンセムは死にました。蘇生することは無いです

はァー(くそでか溜息)

PC版はフルプライスで高いけど、中古ショップやamazonなど、パッケージ版なら相当お安いのでランチでも食べた気分で買ってみてはいかがだろうか。

ストーリーはまぁ正直わけわからんが、ゲームとしてみるとそのアクション性の高さや美麗なマップ、シナジーも生み出せるビルド、強化骨格のカッコよさなどなどに驚かされるぞ!

2年間お疲れ様でした!!!!!!

アンセムのこれまでの記事一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。