約束された神ゲー、ANTHEMの発売迫る。準備は出来た?

アンセムのジャベリン

体験版やローンチPVからもうアルティメットウルトラ神ゲー臭しかしないアンセムがいよいよ来週発売。

クッソ美麗なオープンワールドをアイアンマンのように飛び回りながらクリーチャーを倒していくTPS!発売前に軽くおさらい!!

ANTHEM

言葉の意味はググれば応援歌だとか賛歌だとかそんな感じの意味らしい。田中の友達は「○○って曲マジアンセムだわ」、みたいな感じでイケてる曲だったりヘビロテしてる曲に対して使ったりしてる。

ゲームの内容

アンセムはジャベリンと呼ばれる強化外骨格スーツを装着して戦うオープンワールドPvEのTPSゲーム。プラットフォームはPC/Xbox/PS4の3種類で展開する。

覚悟完了して生きてきた田中は強化外骨格というかパワードスーツ的なアレが大好き。メタルギアライジングの雷電とかは最高すぎる。

パワードスーツも4種類の異なる特徴が設定されていて、汎用型、タンクタイプ、射撃特化、高機動とあり、さらにそれぞれをカスタマイズできる。

ストーリーは、神が世界を創ってたけど途中で飽きて未完成のまま消えたのでクリーチャーがはびこって人類ヤバいマジ卍。

そしてフリーランスで活動する自身(プレイヤー)が先人たちが作り上げたジャベリンを着込み、人類を救う感じ。

似たようなストーリーで言えばホライズンがあるけど、ホライズンはちょっとスケールがデカすぎてなかなか難解だった故にどうなるか。洋ゲー特有の細けぇことは気にするなワカチコワカチコかもしれない。

神ゲー間違いなしの理由

できないことが、できるって、最高だ。

まさしくこれを体現したようなゲーム。こういうのを待ってたんだよこういうのを!!

マーベル映画のアイアンマンをイメージするとわかりやすいが、基本的にホバリングで移動する。空を高速で飛び回り、戦闘するのだ

こちらは先行プレイ時の映像。スーパーヒーロー着地で始まる。編集、解説が加えられており、戦闘の内容がとてもわかりやすい最高の動画だ。

アップロード元、EAA!!さんのYoutubeチャンネルはコチラ

EAA!! – FPS News

さてこの動画からもわかる通り、フレームレートが恐ろしいほど安定している。こちらはPC版の実機映像のようで、自身もそうだがPS4やXboxといったコンシューマでプレイするユーザーは何かしらの劣化は覚悟しなければならない…かも。

ホバリングで高速でマップを駆け回り、敵と戦う。遠距離特化のジャベリンではX-MENのストームのような雷撃でエリア指定の範囲攻撃を叩き込み、敵を一層している。ちなみにこのジャベリンの名前もストーム。マントまでしてる…

タンクタイプはゴッツイ盾で攻撃を防ぎながらイカツイ武器で反撃したり火炎放射であったりやりたい放題のイカツイ砲台。たまらず後退、YO。

田中が一番やりたいのはこれ。

イエエエエエ!!!!NINJA!!アイエエエエエ!!!!南無三!!!!!!!!!!ドーモ!!!

ホバリングとオープンワールド

オープンワールドといえば崖をジャンプボタン連打でなんとか登ってみたりするもの。マップの移動中にちょっとした崖なんかに引っかかることはめちゃくちゃ多い。

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドではこれを見事に解消していたが、逆にスタミナという概念を生み出してしまった。ちょっとした崖でも上ろうとするし、雨が降れば登れない。

オープンワールドには崖や山がつき物で、どうしても若干のストレスを生み出してしまうポイントではあった。が、空を飛べるこのゲームではその点は解消されているだろう。

高度制限や着地できなかったりする制限はあるだろうが、いずれにせよ欠点を解消できていることに違いはない。

弱点がない。約束された神ゲー。PC以外での劣化がどうなるか怖いくらいだ。

まとめ

いよいよ来週発売で気絶してしまいそうなほど楽しみなアンセム。

体験版時点ではサーバーの弱さが指摘されているが、さすがに製品版ではある程度対処されているだろう。

それでもこれほど人気爆発間違いなしの神ゲーなので発売後ちょっとはログイン出来ない状態が目立つかも知れないがしょうがない。

だって神ゲーだから!!!!!!ドンッ!!おわり!!!!!

PS4の紹介動画見るとフレームレート安定してヌルヌルだよなぁ…頑張れ製品版!!!

このサイトは、Electronic Artsのファンサイトキットの利用規約のもと、「Anthem」に含まれる内容を使用して作成されました。 商標は、それぞれの所有者の資産です。 ゲームの内容は、Electronic Arts Inc.および/またはその使用許諾者を著作権で保護しています。 Electronic Arts Inc.およびその使用許諾者は、別段の保証をしておらず、本サイトの運営またはコンテンツに対していかなる責任も負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。