キーボードクラッシャー(KBC)、ニュー・ジェネレーション。

太古よりネットの海に存在し、ニコニコ動画全盛期にこれまたブレイクしていたキーボードクラッシャー。

最近、その魂を継ぐものがTwitchに存在していたことが判明した。

ニュー・キーボードクラッシャーは自傷行為とみなされBANされてしまった。

今回のお話は海外の人気配信者であり、OverWatchの元プロプレイヤーでもあるMatt ‘Dellor’ Vaughnさん(以下Dellor氏)のお話。

件はDellor氏が人気バトロワゲー、Apex Legendsをプレイしていた時に起きた。

かねてよりDellor氏はキレ芸が人気を博していたようで、元プロレベルである実力も相まってそのギャップでウケていた。連携がうまくいかなければ悪口が飛び交い、ラグや差し合いで負けてしまった時は物に当たったりとかなり激しい

事件が起きてしまったその日もダウンを取られた。そのままキーボードを両手で持ち自身の頭に叩きつける…のがコンボの始まり

もう一度叩きつけ、今度はそのまま突き破る形でキーボードを真っ二つ。への字に歪んだキーボードをそのまま手でへし折ると、外装が剥がれ落ち基盤だけで辛うじて繋がっているキーボードを机に何度も叩きつけてフィニッシュ。

…ではなく、戻ってきてもうひとつの断片を完全に手でクシャクシャに破壊してファッキンビィッチ!!!と吐き捨てK.O。

と、ここまでならいつもの彼の配信スタイル。今回は一味違った。なんと運営よりTwitchアカウントを一時BANされてしまったのだ。

理由は自滅的行為とされ、キーボードを頭に叩きつける行為が自傷行為とみなされてしまったようだ。これはTwitchのガイドラインにも記載されており、どうしようもない。

Dellor氏はその後、キーボードがパフォーマンス用の脆い物であること、自身は傷ついていないと頭部の自撮りなどもあげてみるも、Twitch側からは何もしてやれないと突き放されてしまった。

確かにキーボードは曲げただけで外装が簡単に剥がれ落ち、超人ハルクかと思うくらい簡単に壊れている。キーボードクラッシャーを見て育ってきている我々からすればこんなに簡単に壊れるものがあるのかと驚くほど。

Dellor氏はかなり落ち込んでいることをTwitterでポロリ。それもそのはず、Dellor氏は以前もBANを受けており、Twitchパートナーシップを剥奪されている状態であった。いわば仮釈放のような状態で、今回BANされた日は再びパートナーシップを取得できる日であった。

間違いないFPSの実力と、子供のようなキレ芸のギャップから人気を博しているDellor氏だが、今回の件ではさすがに同情したのか、ほか有名配信者やファンからは暖かい声が絶えないそうだ。

海外の配信者は振り切ってて面白いな…。Youtubeでも検索すると発狂集がすぐ出てきた。日本でも人気なようだ。主に机を叩くようだが…神の右手はお大事に…。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。