帰ってきたメガネ娘。鉄拳7シーズン2の追加キャラが発表されたぜ

シャヒーンコスプレ

ドリャァ!!鉄拳シリーズは家庭用は5から、6からはガッチリアーケードでやってる田中です。

タッグトーナメント2でめちゃくちゃにキャラ数が増え、鉄拳7では大幅に削減され持ちキャラが行方不明になってしまった人も多かったシリーズ最新作だけど、今回のDLCは過去キャラの参加が発表された!

2018年9月より家庭用先行でシーズン2リリース時にすでにアンナとレイが追加され、特にレイの復帰は喜ばれたのは記憶に新しい。今回はようやくアマキン、マードック、ジュリアが追加!発表をまとめていく。

ジュリア、ニーガンの配信日が決定したよ。

【鉄拳7】ジュリア、ニーガンの配信日が決定!同時にPVも公開。

アーマーキングとマードック

今回追加されて個人的にびっくりなのがアマキンマードック

なにせ鉄拳7のキングはアマキンとマードックの技をちょっとずつ持っていて、これが開発陣からアマキンとマードックの追加はないよとのメッセージのような気がしていたからだ。

ちなみに発表された翌日の12月3日にこの2キャラは配信開始。ユーザー間でいろいろ研究が進んでいる。

アマキンはレイジドライブ毒霧で続く投げが抜け不可?であったり、マードックはレイジドライブタックルが空中判定でもマウントへ移行できて強制三択であったりと各々が鉄拳7のシステムにあわせ面白いキャラになっている。

EDムービーが見たかった2キャラ。

アマキンとマードック、そしてキングには因縁があり、これまでのシリーズでは他キャラがどんどんネタムービーと化していく中、この3キャラだけはしっかりとストーリーを追っていた

かつてキングの師であるアーマーキングは、マードック初登場の4でマードックにより殺害され、キングはマードックを殺害するために服役中のマードックを保釈し、リング上で再戦してこれを破り、さらにはマードックの入院先すらも襲う。

しかし昏睡中のマードックの傍らにあった家族写真を発見し、復讐の愚かさに気づきこれを断念する。

 

マードックもまた、キングに敗れたことを受け入れられず、アーマーキングを彷彿とさせる黒いジャガーのマスクを被りキングを挑発し、二人は再び戦いを果たす。が、今度は和解しリング上で熱い握手を交わす。以後二人は固い友情で結ばれる。

 

やがて二人は死んだはずのアーマーキングの存在を知る。そして追っているうちにアーマーキングが二人いることを知り、現在対峙しているアーマーキングの口より殺害されたアーマーキングは実兄であることを知らされる…

…といったところで次回作でのストーリーを待っていた。一応、鉄拳7時点でキングのストーリーにはアマキンとマードックが対峙し、二人とも意識不明の重態であることが判明している。EDムービーでは二人の技を使用した。

今回DLC発表時点でマードックとアマキンは意識を取り戻し、先に意識を取り戻したマードックから自身の引退とアマキンのマスクを剥ぐことを賭けた挑戦状を送りつけている。

出典:鉄拳7公式_DLC6より

出典:鉄拳7公式_DLC7より

う~~~~んエンディングムービーが見たかった…いつか追加しちくり~~!

使ってみたんだが…

マードック

火力高すぎィ!!近距離こそしんどいが、逆2択のプレッシャーはすげー楽しい。中距離もとりあえず困ったらタックルしとけって感じ。とにかく前ダッシュからの択が楽しい。

困ったらRD擦っとけみたいなところある。まだ田中程度の腕前では警戒して置き多くしてきたりする相手もいない印象。壁背負わせたらひたすらクラウチングからパワクラとホーン択でクソゲーできる

めちゃくちゃゴリラしたいなら見た目通りこれ。

相手しててレイジドライブで困るって人はとりあえずしゃがパンでも撒いてたら意外とどうにでもなる。

アマキン

悲しいかな弱キャラ臭が半端ない。豊富に振れる技はあるが基本ぼったちでいいし振りたい技には全部確反がセットでゴミ

中距離であまり横移動しない相手なら横移動RKで触ったり1RK置いたりハイキック、アホキック置いたりナックルボムやらロンダやらやることいっぱい。ただし近距離で触ってめちゃくちゃする技はない…。

ブラスマや1RP派生であったりスカ対応も豊富なので見た目とは裏腹に細かく触ってスカを誘うキャラっぽい、ゴリラっぽさは全然ない。

相手しててしんどいと思うことがほぼ無い悲しいキャラ。中距離もしかしたら右横移動で全対応かもしれない。スカにブラスマいれられたりリターン負けしたら相手を褒めよう

背景が気になるジュリアちゃん。

お次はジュリア・チャン。こちらは鉄拳シリーズ初代から登場しているミシェール・チャンの養子という設定で、3から登場している人気キャラクターでインディアンな格好のメガネ娘

シリーズを通して森林再生プロジェクトを掲げ、復興を目指し大会に出場しているでごわす。

久々に登場した彼女はなんとYoutuberのような配信者となっており、これは時代の波に乗った知名度を上げるための行為なのだそうだ。そして見た目もずいぶんと変わっている。ドスコイ!

ストーリーから紐解くジュリアちゃん。

さて、ジュリアは前作タッグトーナメント2ではジェイシーとして登場していた。背景には幼馴染のレスラーが交通事故にあってしまい、代役として出場、とある。

そしてこちらがジュリアの今回の出場経緯。

出典:鉄拳7公式_DLC8より

どうやら強すぎて次第に悪役になっていき、ブーイングを受けるようになってきたのでジェイシーとしての活動を終えたそうだ。か、かっこいい!!!!

髪型やこれまでかけていたメガネとは違うメガネへと変更しているのはジェイシーとしての身バレを防ぐためだそうだ。いやぁカワイイっす…。

そしていつもどおり森林再生プログラムを広げるための活動に従事するものの、認知度が上がらずファインディングが募らない。そして世界的なニュースに便乗して認知度を上げるために大会に参加とのこと。

なんだか本当にYoutuberみたいだ。世界的なバズを狙って配信しながら戦う彼女。ブロガーとしても彼女の姿勢は見習わなければならない!!

ちなみに

ジュリアは鉄拳6において森林再生の研究を完成させた。これは彼女の努力もあるが、同じく大会に参加していた元相撲取りの巌竜が偶然発見したデータを受け取った事実も大きい。

この巌竜というキャラクターは前途したミシェール・チャンに一目ぼれしており、告白するもフラれている。そして鉄拳大会でジュリア・チャンを見た巌竜はまたもや一目ぼれしてしまう。

ジュリアの目的を知り大会に参加し、彼女の望みである森林再生研究に欠かせないデータを渡し、感謝の言葉を受け取った後に自身の思いを伝える。

しかししばらく待つが返事がない。返事のない彼女に痺れを切らせ顔を上げると、そこにジュリアの姿はなかった。お約束。ちなみにオチはミシェールにフラれた時と同じ表情であった。

ジュリアちゃんの配信時期はいつごろ?春?

12月2日に追加が発表されてからいつ追加されるのか期待でいっぱいであるが、未だ時期の発表はなし。

個人的な推測では春頃追加のような気がする

以下田中の推測

シーズン2になってから現在まで、キャラの追加は2体ずつ行われていた。まずシーズン2と共にアンナとレイ、12月3日にマードックとアマキンが追加。残るは2体、これまで通り同時に追加されるかもしれない。

また2月13日よりアーケードでもシーズン2(ROUND2)が稼動するので、調整等も含めて稼動から近い時期での追加はないだろう。

参考 AC版鉄拳7ROUND2公式サイト 

以前鉄拳のプロデューサーである原田氏はキャラクターのタイムリリースに関して否定的な発言(現在は少し違う見解をしている様子)をしており、AC版シーズン2の稼動時点で追加するのかと思っていたが

2月現在発表がないのでこの推測は無くなった。と言い切りたいが、アマキンとマードックは12月2日に発表されて次の日には実装されたのでこれもまたサプライズがあるかもしれない。

シーズン2からのDLCキャラ追加の法則は2体ずつで大体3ヶ月ごとに追加されてきた。法則どおりにいけば3月か4月ごろにジュリア、ニーガン両者追加されるだろう。

ただ新ナンバリング並みの大規模なアップデートでありながら全キャラクターの登場が1年経たずに終わってしまうので、もしかしたら1体ずつの追加もありえるが、順序的にはジュリアが最初なので問題ないだろう。

というわけでいろいろ推測して3月や4月ごろと田中は推測!あくまで推測!!!

といろいろドヤ推測したところで答え合わせ。2月28日でした。

詳しい内容はこちら。な、なんだ結構早いじゃないかぁ!!それも例にもれず二人同時実装だぁ!!!!は、恥ずかしい!!!

【鉄拳7】ジュリア、ニーガンの配信日が決定!同時にPVも公開。

これにてすべてのキャラクターが発表された。

(C)CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED. TEKKEN™7 & (C)2017 BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

今回の3人の発表により、シーズン2発表時に公開された追加キャラクターの枠がすべて埋まる。

最後はTHE WALKING DEADより人気キャラクターのニーガンだ。こちらはすでに発表されていたが、画像の順番は最後。ジュリアの配信後に配信となる?

僕はウォーキングデッドをよく知らないのだけれど、このトレイラーはニーガンの印象的なシーンを忠実に再現しているそうだ。

鉄拳キャラクターが正座しており、先陣を切ってラースがニーガンをブン殴った後に次々とニーガンに挑むが、無残にボコられていく。

レイジアーツはミゲルのレイジアーツのようにゴアなものだが、ミゲルより怖い…。

まとめ

鉄拳7はアーケードにおいておそらく初のオンライン対人戦を導入したゲーム。当時僕も仕事帰りにゲーセンに寄り、対戦相手に困らないオンラインに身を投じたものだ。

家庭用でもオンライン対戦が当たり前となっている現在では、家庭用を主軸として展開している。アーケードもシーズン2に対応したが、今回ももちろん家庭用のリリース。

キングにアマキンとマードックの技を継承させたことでもう登場はないと思っていたが、キャラクター人気がすごかったのであろう。

マードックに関しては僕はギガースになってしまったものだと思ってたが、家庭用のムービーでこれを完全に否定したのも記憶に新しい。

なんといっても超かわいい人気配信者となったジュリアを早く触りたいものだ!

鉄拳7公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。