新作王道スマホMMO、TRAHA(トラハ)のレビュー・評価

超美麗グラフィック!迷わないクラスチェンジシステム!
とスマホMMOのありがちな広告で最近目についていたTRAHA(トラハ)。
自粛中で暇なのでやってみたら普通に当たりでした、面白い。

結論から言うとマイルドなFF14。
何でもできるMMOがスマホに現れた。

すでに始めている方はこちらもどうぞ

TRAHA(トラハ)攻略!レベリング、戦闘力の上げ方やおすすめの課金など

田中

ネトゲキャリア15年の目線で語るから信頼度100%だぜ!

TRAHA(トラハ)のレビュー・評価

ありきたりな広告から驚きの良ゲーだった。
食わず嫌いで祭りに参加し遅れるところだったぜ…。

TRAHA(トラハ)の評価
ストーリー
(4.0)
アクション性
(4.0)
自由性
(5.0)
オートプレイ
(5.0)
総合評価
(4.5)

ストーリーはまだ田中も完結していないので難しいが、
簡単に言うとTRAHAという特別な能力を持つ人間(プレイヤー)が敵勢力をぶっ潰す感じ、多分。
チュートリアルは久々に清々しいほどの負けイベがあってちょっと懐かしさを覚える。

アクション性は通常攻撃、スキル攻撃、CT長めの回避と本当に普通。
しかしながら、スキルにタイミングを合わせて押したり、長押ししたりと他のスマホMMORPGにはないアクション性があり新鮮だ。
さらに後述するが、このスキルのアクション性を持ってオートプレイとの差別化を図るシステムも面白い。

オートプレイは制限が無く、ポーションさえしっかり用意してダメージ効率で負けていなければ一生オートで狩り続けられる。
またサイドミッションにレベリング用と金策用があり、オート放置する際もどちらか選んでスタート出来る。
オートプレイは文句なしだった。
ちなみにオートだとスキルのコマンドは適当になる。

グラフィックとキャラメイク

TRAHAの召喚

召喚獣さえもモデルが作りこまれている

さてさてグラフィックは現行のスマホアプリで最上位であるのは間違いない。
謳い文句の美麗グラフィックに遜色なしだ。

グラフィック設定も結構細かく設定できるのでそこそこ幅広い端末でプレイできるだろう。

TRAHAのかなり細かいキャラメイク
TRAHAのキャラメイクは体型に及んでも細かい

またグラフィックの良さが後押ししてキャラメイクにも非常に時間がとられる。
キャラメイクも現状のスマホアプリの中ではかなり自由性があるであろう。
自キャラにガチ恋する可能性すらある。

インフィニティクラスというジョブチェンジ

TRAHAではインフィニティクラスという呼称の珍しいシステムがあり、
ファイナルファンタジーシリーズのジョブチェンジをイメージしていただければ分かりやすい。
分かりやすいっていうかまんまそのもの。

武器を変えればクラスも変わる。
ユーザーのアクションも簡単で、2回タップすれば2秒のキャストと共にクラスチェンジ完了だ。

ジョブチェンジと大きく違うのは、6種類全部のクラスになることは出来ない
クラスはキャラクタークリエイト時点の体格で決まっており、防御、攻撃、遠距離の3つのクラスを1セットとしてそれぞれの体格に設定されている。

体格ごとの説明

さらに防御なら盾と大剣、攻撃ならナックルと双剣、遠距離なら弓と杖といった具合に分岐してそれぞれの体格ごとに決まっている

田中は格闘系のお姉さんがめっちゃ好きなので普通体格の女性でナックルを使いたかったが、残念ながら普通体格のお姉さんの攻撃枠は双剣。
ナックル女子を使いたければロリを使わざるを得ない。
田中はお姉さんしか興味がない、残念だ…。

TRAHAでナックル女子

ちなみに例えば大剣での攻撃用、防御用のスキル設定やステータス振り、装備等はプリセットでいくつか分けてクラス毎に登録出来る。

序盤はまだ使うことがないであろうが将来的にスゲー利便性を感じるシステムだ。

オートモードがかなり便利。起動していない時間がもったいなく感じるほど。

スマホMMOには大体あるオートモードがかなり便利だった。

レベリングは全部オート放置でやってくれるし、ストーリーさえもオートで進行してくれる。
まぁどんな話なのかワケわからなくはなるが…。

直近でやっていたスマホMMOのブレイドアンドソウルではスタミナ制だったのでオート狩りにも制限があるが、TRAHAにはそれがない。誇張抜きに一生出来る。

オートモードの節電画面

実際、今レビュー記事を執筆中もレベリングサイドクエストを繰り返し遂行状態で放置中だ。
もはやオートで狩っていない時間が効率悪すぎてもったいなく感じてしまうほど。

スマホアプリながらめちゃくちゃに純粋なMMORPG

冒頭でマイルドなFF14と述べたように、何でも出来るまさに第二の人生とも呼べるFF14に負けず劣らず結構なんでも出来る。

というかここまで本気で作りこんだMMOでなぜスマホで出したんだと思うほどしっかりした骨太なMMORPG

採取・製作にもクラスレベルが設けられており、利用も手軽で分かりやすい競売所もあることから採取や製作で金策を行う事もコンテンツの一つとしてしっかり存在している。

PvPにおいても、先行している韓国版には100人対100人の大規模PvPもあり、日本版でも近いうちに実装されることだろう。

これが欲しかった、これがあれば…といったMMOに欲しかったあれもこれもがしっかりと存在し、
それぞれ一つ一つがしっかりと作りこんである。
本当に骨太な王道MMOだ。

オートより手動の方が効率がいい、の真意

さて度々広告や公式で触れられているオートと手動での手動の方が効率が良く差別化している、の真意だが、
戦闘においては戦闘ボーナスで、採取においてはミニゲームで差別化されている。

戦闘ボーナスとは、戦闘クラスのアクティブスキルの説明欄にて戦闘ボーナスを獲得と記載のあるもの。
ホールドスキルやタイミングスキルといったコマンド指定のあるスキルで、
この戦闘ボーナスは経験値獲得時に経験値表示の右側に+数字で青色に表示される部分。

要するに獲得経験値の増加を見込むことが出来る

オートモードではこのコマンド部分をホールドならホールドせず、タイミングならタイミング合わせず、
といった具合に適当に放つので戦闘ボーナスはフルで乗らない。

採掘におけるミニゲーム

採取においての差別化が一番わかりやすい。
採取や釣りでは時間経過で採取するのだが、手動での採取時はミニゲームが展開し、これに成功すると一発で採取完了となる
失敗しても採取自体は失敗にならないので何度も挑戦が出来るし圧倒的時短になる。

オートと手動の差別化は確かに面白いシステムだ

このゲームにおいての採取は戦闘力を上げる上でステータスポイントの関係上無視しがたいシステムなので、効率が爆上がりする手動採取は楽しい。

TRAHA(トラハ)の悪い、気になった点

ではしっかりした作りのTRAHAを紹介したが、それでも気になった点をお伝えする。

この辺は個人の感想によるところが大きいので一概にクソ!とは言い切れない事を理解していただきたい。

レベルリング関連。レベル上げはやや複雑か。

クラスごとにレベルが分かれていることはお伝えした。
とても面白いシステムであるが、とりあえず一つのクラスを極めようと思っても実はそうはいかない。

初心者にはここがちょっと難しいかもしれないと思った。

まずキャラクターには戦闘力という数値があり、これは全体の強化具合で上昇するのだが、
ストーリークエストを進行する際にこの戦闘力によって制限がかかっており、制限を超えていないとクエストの受注が出来ない。

ということは戦闘力を上げる必要があるのだが、純粋に一つのクラスのレベリングをしているとどんどんレベルは上がりづらくなる。
レベルが上がりづらくなれば戦闘力も上がりづらくなる…といった具合。

TRAHAのステータス振り

ステータスは武器特性(戦闘クラス)と専門技術特性(生産クラス)で共有。
専門技術特性でも攻撃力など武器特性と同じステータスマップとなっている。

ステータス振りはクラス毎だがステータス振りに使うポイントはクラス共有なので、大剣クラスで1ポイント得れば弓クラスでもその1ポイントを振ることが出来る。
ステータスを振れば戦闘力が上がるので、つまるところ3クラスともレベリングする必要があるのだ。

さらにいうと採取や製作といった生産クラスも4クラスあり、それぞれ戦闘力を上げれるステータスポイントを貰えるのでこちらのクラスのレベリングも必要になる。

この辺のレベリング関連がちょっと複雑で、初心者には難しいかもしれないと思った。

ちなみにステータス振りはいつでも自由にノーコストでリセット出来る。

課金、ガチャ関連

精霊カードガチャ画面

課金関連は全体の単価が高めに設定されている。
入手手段がかなり限られている衣装コンテンツの課金衣装はかなり高い。

また、武器のガチャ無し!との謳い文句であるが精霊カードと呼ばれる装備カードやペット関連でガチャがある。単価は300円ほどと普通。

しかしながら、このガチャにおけるカードやペットは普通に進めていると結構配布されるので、ここにガッツリ課金する必要はあまりないように思えた。

他はクラスレベルアップごとに報酬が得られるパッケージなども結構高い印象だった。

脳汁が噴き出る伝説確定の演出

またおそらくゲーム内通貨として課金で購入できるダイヤがあるが、今のところあんまり使い道がない。
課金ショップでの支払い手段がほぼほぼリアルマネーだった。

ダイヤ自体は結構配布されるのでわざわざダイヤを購入する時は精霊ガチャをする時くらいか?

課金システムの作りこみはちょっとよく分からない。
今のところこちらに関しての評価は低め。

移動が結構面倒くさい。ちょっともっさり。

移動に関してが結構面倒に感じた。

記憶の石というテレポート可能箇所を自分で決めることが出来るので、気に入ったところやしばらくお世話になる狩場などをマッピングしてテレポートできるようになる。

記憶の石の画面

チュートリアルも表示されるので最初の城などは拠点登録するべきだ。

田中のような脳筋クソゴリラはチュートリアルなどタタタタンとスキップしちゃうので最初は城の登録をし忘れ大変だった。

とまぁこれはただの私怨なのだが、実際結構移動は面倒に感じた。
田中はあんまりスマホMMOをやったことが無いので直近で言えばブレイドアンドソウルだ

ブレイドアンドソウルは体感的にもかなり早く感じるダッシュがあり、移動に関してあまり苦に感じなかったが、
体感的にも遅く感じてしまうこのゲームでは移動中にどうしてもモヤモヤしてしまった。

あまりにもMMO。自粛中の暇つぶしに最適なゲーム!

最近はコロナウィルスの感染拡大により全国的に外出自粛が叫ばれており、自宅にいる時間が長くなると共に暇な時間も増えてしまっている。

そんな中現れたこの骨太な王道MMOことTRAHAは、我々の暇つぶしを多いに救ってくれる事間違いなしだ。

狩りでのレベリングに飽きれば釣りや採取をすればいいし、この釣りや採取といった行動も総合戦闘力を上げる要因になるので何一つとして無駄は無い。

オートにすれば漫画を読んだりアニメを見たり、昼寝することだって出来る。

とにかく暇でモヤモヤする時間の多くを救ってくれるゲームである。
本当にいい時期にリリースしてくれた。

まとめ

というわけで、狩り、ダンジョン、採取、制作、ギルドなどコミュニティ、MMOにおける基礎がしっかりと作りこまれていて骨太な王道MMO。

この骨太MMOに超便利なオートと超美麗なグラフィック、革新的なインフィニティクラスによって肉付けされた超面白いゲームだった。

MMOで唯一神を誇る世界最強MMORPGといえばFF14なのだが、FF14すらもこの便利なオートプレイには及ばない。

スマホで手軽に出来るネットゲームに間違いなく面白いと太鼓判を押せるTRAHAが爆誕したという話でした。

TRAHA(トラハ)攻略!レベリング、戦闘力の上げ方やおすすめの課金など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。