読めば分かるFF11 Refriender!青春を生きた友達を探そう

FF11ReFriender

ネトゲで未だかつて見たことがないキャンペーンをやってるぞ!!FFXI ReFrienderというキャンペーンで、なんと10年以上離れている人と再会できる!!10年前一緒に冒険した彼らと再会だ!有名人もやってみているRefrienderというキャンペーンを解説していくぜ!

ちなみに僕はFF11のプレイ経験は…無い!!

FFXIことファイナルファンタジー11のおさらい。登場からなんと…

Copyright (C) 2002 – 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

FFシリーズ初のオンラインゲーム。オンラインゲームでありながら、しっかりとナンバリングタイトルとして表記される。これは以降14にも適用されることになる。

発売日はなんと2002年!それもPS2版先行でスタートした。PS2版でオンラインゲームといえばかつてモンハンで僕がオンライン出来なかったように、別途BBユニットが必要だ…オトナなユーザーはみんなネット環境があったのかぁ

その後同年にPC(Windows)版がリリースされ、後の2006年にXbox360版もリリースされる。

現在はPS2版、Xbox360版共にサービスを終了している。そりゃそうだ、よく頑張った

Xbox360版とPS2版は2016年に共にサービス終了となったのだが、360はもとよりPS2…本当によく頑張ったな…。ずっとやってたユーザーは何台も買いなおしたり修理したことだろう…

唯一正式サービス中のPC版においてもOSが幾度もバージョンアップしており、FF11の開発環境であったOSはすでにOS側のサポートが終了している。現行のOSを推奨と記載こそしているものの、やはり不具合は生じるようでOS側の設定をいじって対処するようだ

リリースされてからなんと16年

とてつもない長寿ゲームとなり、すでにFF11の世界でのメインストーリーは2015年のパッチで完結している。

長寿ゲームといえば僕の知識ではメイプルストーリーが15年アラド戦記が13年とあるがそれよりも長い。国産のネトゲでここまで愛されるFF11。やはりファイナルファンタジーというシリーズは偉大だ。

その名もReFriender。おかえりヴァナ・ディール

FFXI ReFriender!!

ツイッター記載URLから飛ぶと、きちんとキャンペーンページが用意されており、Twitterアカウントを用いてかつてヴァナ・ディールを駆けたもう一人の自分を登録することができる。登録せずともユーザーを検索することは出来るぞ!

キャンペーンページ下部に検索枠があり、キャラクター名さえ覚えていれば検索することが出来る。ワールドやリンクシェル、ジョブまで覚えていればさらに絞り込むことが出来るぞ!もしキャラクター名など忘れてしまっていても、各検索ヒントがひとつでも覚えていれれば検索を開始できるので頑張って探してみよう!!

もしそのユーザーが登録していれば、再びヴァナ・ディールで出会うことが出来るかもしれない…。

ちなみに僕もかれこれ14年、あらゆるネトゲを渡り歩いてきたけれど、一度離れたネット友達と再会できたことなど一度もない。一度だけ再会できたことはあったが、それはSkypeで既に繋がっており、いつでも連絡が取れたからだ。

連絡手段の無い人との再会を公式がサポートすることなど今まで一度も見たことがなく、なんだか涙が出てきてしまう。

山本モナをはじめ、有名人もFFXI ReFriender!!

ちなみにFF14ではバンドグループGLAYTERUさんがプレイしている事が有名だ。

というよりTERU氏は有名人でありながらほぼ他のユーザーとの壁がなく、あまりにもオープンで自分のキャラ名やサーバーなども公開している。

有名人ともあれば、キャラ名が割れてしまうとメールや個人チャットなどがどんどこ送られてきて、街を歩くだけで目を向けられネトゲがやりづらくなるものだが…

TERU氏はむしろ声をかけられればチャットを返し、さらにはPTプレイすら申請してしまうほど。衝撃である。

こちらはTERU氏のプレイヤーキャラクターのツイッターアカウント。み、身近~!

FF11でも山本モナさんや加藤英美里さんなどがプレイしている事(自身で発表されている方)が有名だ。加藤英美里さんもFF11の最終アップデートで自身のキャラとサーバー名を公開している。

有名人の方々もReFrienderを利用して過去のフレンドたちとコンタクトを取っているかもしれない…。というかしてた。

いた。

FFXI ReFrienderよりキャプチャ

ちなみにまどかマギカのキュウべぇなどで有名な声優の加藤英美里さん。僕が知ったきっかけはらきすたの柊かがみからだ。らきすたが2007年公開のアニメで…今が2018年…11年前…?

う、嘘だろ承太郎!?

成りすましの危惧

ちなみにこのキャンペーンだが、Twitterアカウントのみで行うことが出来る。FF11のユーザーアカウントを必要としない。つまるところ、成りすましが簡単に行えてしまう。

前途したようにユーザーが登録したことを報告していればいいかもしれないが…。どうしても不安な場合はツイッターで検索をかけてみるといいかもしれない。


ちなみにFFXI ReFrienderのバナーはナイトと忍者が手を振り合うというもの…

…ん?

ナイトと忍者…?

おいィ!?いくえ不明の謙虚なナイトの封印が解けられた

16年運営しているFF11はさまざまな伝説を残してきた。

その中でも一番有名なのはブロントさんと呼ばれる伝説のナイトだ。僕自身もFF11を知ったのはブロントさん経由だったかもしれない。

Buront
ブロントさん。

FenrirサーバーのBurontという人物ではないか?と推測されるが確定はしていない。

推測だけでありながら類まれなる言語センスにより多くのユーザーを魅了した。

とにかく言語センスが常人が到達不可能なレベルに達しており、掲示板に書き込むとすぐバレる

ブロントさんはかなりの地位を持ち、光属性のリアルモンクタイプでありかなりモテる。

すなわち、ブロントさんをリスペクトしていけばモテることは確定的に明らか。ということで日常で僕も使っているブロントさんの語録を少しだけまとめよう。

確定的に明らか
ハッキリしていること
破壊力ばつ牛ン
破壊力がすごいこと
sYレならんしょ
シャレにならないこと
俺の怒りが有頂天
しばらくおさまる事のない怒りの表現
俺がどうやって○○だって証拠だよ
自分の正体を看破されそうになったとき
唯一ぬに
ほかに二つと存在しないこと
それほどでもない
社交辞令に対する返し
浅はかさは愚かしい
なにかを見抜いたとき
仏の顔を三度まで
度が過ぎる相手に警告するとき
苦汗の選択
やむを得ず選択すること
寿命がストレスでマッハ
とてつもないストレスを感じているさま

いかがであろうか?日常で使いやすい語録をピックアップした。この語録に輝きを感じた読者は本能的に長寿タイプ。

ちなみに…

あ、あんたは…!!

まとめ

昔の仲間と再会できるサポートキャンペーン、FFXI ReFriender。既に今後の大型アップデートは無いと宣言されているFF11。

けれども、公式からこうやってキャンペーンを行うなど、まだまだ終わる予感すらしないのが驚きだ。かつてカズヤという伝説のプレイヤーも心配していたようだが、FF14のある今ですらFF11の人気は衰えない

16年ってもう結婚してたり子供いたり果ては孫とかいたりするよなぁ…すげーなぁ

FF11 Refrienderキャンペーンサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。