マスク不足の救世主となるか!?日本製洗える和紙マスクが予約開始!

洗えるマスク

メイドインジャパンの洗って何度も使える和紙マスクが登場!使い心地、着け心地にこだわった設計!

予約は3月16日19時から開始。ご紹介するファクトリエのメルマガ正会員であれば15日の昼頃より予約開始です。お一人様一枚マデ。

マスクがどこにも無い…外に出るのが億劫だ…

深刻なマスク不足の救世主となるか、新登場のマスクをご紹介。

何度も洗って使える日本製の和紙マスク

マスクの転売や供給過多による深刻なマスク不足、またパンデミック宣言すらされたコロナウィルスの蔓延によって出勤するのも外出するのさえ億劫な昨今。

一度使うともう一度同じものを使う気にはなれないマスクだが、洗って何度も使える日本製のマスクが登場!

商品概要

和紙本来の効果を活かしながら、着け心地にもこだわったすべての素材がメイドインジャパンのマスク。
三重構造で、表面と肌にあたる部分には和紙糸とコットンを混合した肌触りを重視した生地を使用。
中間に入れた和紙100%の生地がフィルターの役割を果たす。また、全ての素材がウォッシャブルであるため、洗って繰り返し使用が出来る

<商品詳細>
・価格: 1,900円(税抜)/  1枚入り ※購入は一人1枚まで
・発売日: 2020年4月上旬
・予約:
  本会員メルマガ先行: 3月15日(日)昼配信 (15日 7時までに登録済の方)
  一般予約開始:3月16日(月)19時
・発売サイト:https://factelier.com/

・カラー:白
・サイズ:ヨコ20cm× タテ14cm
・ 素材:
  表・裏:和紙綿天竺(和紙 57%、綿43%)
  内側(フィルター):和紙モスリン (和紙100%)
  耳ゴム:ストレッチテープ(ナイロン95%、ポリウレタン 5%)

洗って使える和紙マスクのポイント

【 商品ポイント 】

1. 和紙繊維がもつ4大効果!
 1)抗菌性、2)消臭性、3)調湿性(ムレにくい)、4)UVカット
2. 何度も洗って繰り返し使える&和紙繊維の効果はそのまま
3. 繊維の毛羽が少ないのでチクチクしにくく、肌にも優しい
4. 耳の痛くなりにくい柔らかなストレッチテープを採用

というわけで和紙マスクとのことだが、和紙には抗菌性、消臭性、調質性、UVカットと意外にもよくばりな性質を持っていた。

さらには洗って繰り返し使えるが、和紙繊維の効果はそのままとこれまたすごい性能をしている。

和紙ってスゲー!ちなみにこの和紙は、越前和紙で有名な日本一の和紙産地である福井県で和紙糸を開発し続ける株式会社キュアテックスの制作。

この20年かけて開発された繊維をもとにファクトリエがマスクを制作したそうだ。タッグ技!!

購入方法と予約開始日

早速購入の方法なのだが、発売日は4月上旬とのこと。16日19時ごろから予約が開始される。

15日からは販売会社であるファクトリエのメルマガ公式会員のみ先行で予約が可能で、もうあまり時間は無いが一応15日の朝7時までに会員登録を済ませておけば15日昼からの先行予約に滑り込めるそうだ。

14日現在ファクトリエ公式を見てみるとまだマスクのCPが無いようなので、予約開始日である15日、もしくは一般予約開始の16日に公式にページが出来るのだろうか。
15日の会員先行予約ではメルマガに予約URLが届くのかもしれない。

参考 ファクトリエ公式サイト

まとめ

というわけでマスク不足を解消してくれる救世主となるかもしれない洗える日本製マスクが登場。

和紙の繊維で作られているとのことで、和紙特有の性能を引き出した洗えるマスクとなっている。

価格はマスクにしてはそれなりにいいお値段をしているが、何度も使用できるという点は将来的にかなりお得な点であるだろう。

このようなちょっとお高いマスクにも転売屋は飛びつくのだろうか…。マスクの販売側も、結構シビアにならないといけないのが悲しい現状。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。